ノン結露の特徴 | 断熱セラミックのガイナは【快適環境】

電話・FAXでのお問い合わせ TEL 03-3257-5858 FAX 03-5297-7239
資料請求

 > ノン結露の特徴

ノン結露

ノン結露の特徴

結露防止システム「ノン結露」

「ノン結露」は特殊水性アクリル樹脂と吸水性、水分発散性の良いセラミックとのハイブリッドによりできています。屈曲性に優れた塗膜を形成し、速い吸水性と水分発散性を生かして優れた結露防止性を発揮する結露防止塗料です。ノン結露は、仕上げ材(15Kg 2回塗り)と下塗り材(7Kg 1回塗り)の2層構造にて構成されます。

ノン結露による結露防止の原理

屋内の暖房器具等で暖められた空気が含んだ水分とともに部屋の冷たい部分へと移動し、接触します。
未塗布
熱は熱い空気から冷たい壁や窓ガラス等へと移動しますが、その際に空気中に含みきれなくなった水分が取り残されることで結露が発生します。この結露をそのままにしておきますと、カビや藻、錆びの発生の原因となってしまいます。
ノン結露塗布
セラミック断熱層(下塗り材)が屋外に出る熱を最小限にし、発熱・発散層(仕上げ材)が吸収・発散を繰り返す事により結露の発生を防ぎます。
※発熱・発散層は水分を含む為、若干湿った感じになる場合もあります。

水分発散性について

本塗料は熱を効率的に放射するセラミックを含有しています。水分子と共に侵入する熱エネルギーをセラミックが塗膜内に押し戻し、吸湿性特殊セラミックの温度を上昇させ、吸水した水分を速やかに発散させます。

吸収性について

本塗料は吸水性セラミックを含有しております。水侵漬試験の結果より、本塗料の自重の50%以上の水分を吸収する事が可能であることがわかっております。一般の水分吸収塗膜では吸収量が限度を超えると水分が表面に溢れ出しますが、ノン結露は水分発散性が優れているため、通常の結露程度の水分量では水滴が発生することはありません。
※常時温度差がある場合や換気がない場合などはノン結露でも結露が発生する場合がございます。

主な使用用途

・押入れ壁面/風呂場周辺/洗面所周辺/その他建物壁面
・冷風吹出口/冷蔵倉庫/冷凍倉庫/冷蔵庫/冷凍車/コンテナ
・配管/サッシ/窓/タンク/エアコン/分電盤/操作盤
・その他、結露発生箇所

ノン結露の結露防止検証結果

空調吹き出し口の結露がとまった!

場所:厨房の空調吹き出し口

ダクトの周囲に発生した結露が調理中の料理に落ちてしまうことは食品衛生上、大問題です。
ノン結露は結露の発生を抑えますので結露した水分の混入を気にしなくて済むようになります。
大浴場の湯気が消えた! お客様の驚きの声

場所:旅館浴場の天井

ノン結露が空気中の水分を適度に呼吸することにより、浴室内の湿度を抑えました。
またいつまでも残る湿気は浴室においてカビや藻、錆びの発生に繋がります。
ノン結露は結露量を抑えることで浴室の清潔さに貢献いたしますが、換気は必要です。
適切な換気をすることで、ノン結露の効果は長期間持続いたします。
資料請求