電話・FAXでのお問い合わせ TEL 03-3257-5858 FAX 03-5297-7239
資料請求

 > ガイナの施工要領

ガイナ

ガイナの施工要領

ガイナの効果を十二分に発揮するために

当製品の能力を最大に発揮する為、下記項目に留意し施工をお願い致します。
ガイナ1缶(14kg)を塗装面積30〜35uで使い切れば、カタログ通りの性能を発揮致します。

準備

全ての塗装工事に言えることですが、ガイナの施工も下地調整第一の考えに立って施工をお願い致します。錆びや汚れをよく落とし、素材に合ったプライマー、シーラー等を用い、そのうえでガイナを施工するようお願いいたします。

1

電動攪拌機にて十分に攪拌するのが最大のポイントです。
ガイナはお客様の手元に届いた時点ですぐに塗装できる濃度に調整してありますが、ガイナに含まれる特殊セラミックは水より軽く、上部に浮いてきておりますので、撹拌機により十分に攪拌してから使用するようお願いいたします。塗りにくい場合は上水を足して塗りやすい濃度にして下さい。

希釈量の目安 * 刷毛・ローラー…1缶当たり 0〜1,500cc
  * ガン吹き…1缶当たり 0〜3,000cc
  * コテ…1缶当たり 0cc あるいはコテ専用タイプをご注文ください。

2

素材は必ずケレン、目荒らし、高圧洗浄をし、素材に合った下地処理材で処理をして下さい。コンクリート面は浸透あるいは微弾性シーラー、鉄面は変性エポキシプライマー、被塗膜は密着バインダー等をお勧めします。その他アクリルシリコン樹脂塗料とマッチする下地処理材で塗装可能です。
□ 推奨下地材一覧

3

一度に厚塗りしますと亀裂が発生する恐れがあります。必ず数回に分けて塗装作業を行って下さい。防音性、断熱性、保温性は塗膜が厚いほど発揮されます。鉄板やボード等塗布面が滑りやすい箇所にローラー施工する場合は、1回目はローラーが滑らずに回る程度に多めに希釈し、2回目以降は通常の希釈量に戻し、面積あたりの塗布量を確保してください。
※断熱仕様     0.20kg/u×2回(35u/缶計算)
※断熱・防音仕様  0.23kg/u×2回(30u/缶計算)

4

乾燥時間は夏期で約2時間、冬期で約4時間必要です。環境によって乾燥状態は異なりますので塗装面が乾いたことを確認してから上塗り作業に移ってください。

4

雨天、強風、多湿の日を避け、天気の良い日を選んで塗装して下さい。
(水性塗材ですので、気温5℃以上、湿度65%以下の環境で施工して下さい。)
※施工に関する上明点は、販売店にお問合わせ下さい。
※日光の直射を避け涼しい所で保管して下さい。品質・性能確保の為、製造後3ヶ月以内に使い切ってください。

4

取り扱い中はできるだけ皮膚に触れないようにし、必要に応じて保護眼鏡や保護マスクを着用して下さい。また塗装中、乾燥中ともに換気を良くし、蒸気を吸い込まないようにして下さい。

資料請求
ガイナの推奨下地材一覧